ハラール認証書の有効期限

 

ハラール認証書の有効期間は、製品の種類、取引の種類、出荷状況などによって異なります。クライアント様と認証機関があらかじめハラール認証の有効期間などに関して話し合い、契約書を取り交わすのが一般的です。

 

(1)その都度、発給されるハラール認証書(a batch certificate) あるいは短期間有効の認証書(a short term certification)

 出荷するごとに発給される1度限りの認証書は、その製品の出荷または船積一回分あるいはその製品ロットがマーケットに存在する限り有効です。一般的には製品の有効期限の満了日あるいは消費期限の満了日までとなっています。

 

 (2)通年有効な認証書(a yearly certification) あるいは複数年有効な自動更新認証書(a plural year certificate automatically renewed for one year)

 もしハラール認証を受けた製品が、常時、ある一定の決まった製造法や原材料で作られる場合は、認証書は1年、2年、3年、それ以上長期の有効期限のものが発行されることがあります。製造法や原材料の種類などに変更がなく、当該製品が製造やマーケティングの各段階で、ハラールの必要条件を完全に満たしている限り、ハラールとしての認証は継続されます。工場のハラールステイタス(製造現場のハラール状態)がきちんと保持され管理されているかを確認するため、予告なしに認証機関の検査員が工場を視察(チェック)に来る方式もしばしば取り入れられています。