ハラール認証の対象となるのはいかなる製品か

 

国内で消費されるか国外の市場に振り向けられるか(輸出)にかかわらず、ムスリムによって消費される製品はどんなものでもハラール認証の対象になり得ます。

近年、ASEAN諸国間の食品類の輸出入貿易では、本来、ハラール認証が要らない野菜についても、ハラール認証が添付されるようになってきています。今では宗教上の意味を離れて、ハラール認証は 安心、安全の証しとして、非ムスリムの消費者にも広く受け入れられています。

イスラ-ムの多くの国々では、医薬品として使用される製品にはハラール認証書は要求されていませんが、賢明で知識ある一部のムスリム消費者は、ハラールガイドラインを満たした医薬品を探し求めています。 ハラール認証を取得することは、医薬品業界においてさえも優良な投資になるかもしれないのです。