ハラール食品の衛生管理(SANITATION)

ハラール製品の製造・加工中は、あらゆる汚染(Contamination)の可能性を排除することは絶対に必要である。ハラールな製品と非ハラールな製品を別々に分離生産するのでなければ、汚染の排除は、製造ラインや機械設備、器具、用具などの徹底的なクリーニングと十分な衛生管理さらには適切な製品製造スケジュールにより達成される。非ハラールな製品が製造された後、十分な洗浄をされないまま、同じ製造ラインでハラール製品を製造するようなことは絶対避けなければならない。肉や肉加工品を使用していない製品に関しては、機械設備などを清潔にすることと、目で見て汚れたところがあればきれいにしようと心がけることで十分である。食品企業は、ハラームな原料物質や成分をアレルゲン(アレルギー抗原)と同様に取り扱い、その検出、除去のために、それをアレルゲンコントロールプログラム(Allergen Control Program)に、その一部として組み込むことも行われている。クリーニング(洗浄や拭汚)に使用される化学品(特に石鹸と泡状物質)は、動物性脂肪由来(起源)のものでないことを念入りにチェックすべきである。